水口城 … 将軍徳川家光が東海道の宿場町に築かせた城

2021年9月30日

水口城

「 水口城 ( みなくちじょう )」は、江戸幕府の 3代将軍徳川家光が 京都への上洛の際の宿館として築かせたものです。 改修は 小堀遠州が担当し、「 二条城御殿 」に模した 豪華な御殿を築きました。 江戸時代に幕府の直轄地となった「 水口 」は、東海道の宿場町にもなり 宿場町として城下町としても賑わうことになります。

お名前 .com

「 水口城 」について

春には美しい「 桜 」が見られる「 水口城跡 」、まずはその歴史から見ていきましょう。

「 水口城 」の歴史

水口岡山城

もともと水口にあった水口城は、現在は「 水口岡山城 」と呼ばれており、現在の水口城とは全く別のものでした。 豊臣秀吉が甲賀郡( こうかぐん )の拠点として築かせた城で、京都から伊勢へのルートの要所となっており、増田長盛( ましたながもり )や 長束正家( なつかまさいえ )といった当時の「 五奉行 」が入城していました。

1600年の「 関ヶ原の戦い 」で西軍が敗れると、長束正家は籠城するも攻め落とされて開城し、切腹させられることになりました。 「 水口岡山城 」は、ほどなくして廃城となります。

水口御殿時代

1620年頃、徳川秀忠の宿泊施設として「 水口御殿 」が築かれたと言われています。 ただ、資料によっては1603 〜 1604年頃に築かれたのちに、1620年に改修されたのではないかという説もあります。 秀忠が 3回、家光が 2回、上洛時に休憩や宿泊をしたということです。

場所は、水口城の東南東方向数百メートルのところにあったと伝わっており、水口城築城後には撤去されています。

水口城築城

「 関ヶ原の戦い 」後、水口は江戸幕府の直轄地となっており、東海道の「 宿場町 」に指定されることになりました。 そこで、1634年に 江戸幕府の3代将軍徳川家光が「 水口御殿 」に代えて、新たに水口城を築かせました。 築城は小堀政一( 通称:小堀遠州 )が担当し、城内に「 二条城 」に模した 豪華な御殿が築かれたと言われています。 しかし、家光が宿舎としたのは 1度きりで、以降は幕府が管理していました。

加藤嘉明の孫にあたる加藤明友が加増され、1682年に「 水口藩 」を立藩します。 これにより、水口城は「 水口藩 」の藩庁となり、加藤明友の居城となりました。 そののち、「 明治維新 」を迎えて廃城となるまで、加藤家が城主として城を守りました。

日本の城 改訂版 72号 ( 水口城 ) [ 分冊百科 ]

今に残る「 水口城 」

現在残されているのは、石垣と 一旦別の場所に移築された「 乾矢倉 」を再移築して「 水口城資料館 」として利用しているものです。

「 水口城資料館( 旧乾矢倉 )」

建物の中には、歴史資料のほか、「 兜( かぶと )」や「 甲冑( かっちゅう )」などの武具、水口の歴史がわかる資料などもあり、二階にも上がることができます。

水口城 旧乾矢倉
「 水口城資料館( 旧乾矢倉 )」

さらに、ここからは「 水口岡山城 」があった場所が見えます。 以下の写真中央の ちょうど盛り上がったところです。

水口岡山城
「 水口岡山城 」

「 城門 」

「 水口城資料館 」から「 本丸跡 」への「 城門 」です。 門の両サイドは「 お手洗い 」となっており、当時のものではないと思われます。

水口城 城門
「 城門 」

「 本丸跡 」

現在は「 滋賀県立水口高等学校 」のグラウンドとして利用されています。 そのため、関係者以外は「 立入禁止 」です。

水口城 本丸跡
「 本丸跡 」

「 レイコップ 」 公式オンラインストア

案内

「 本丸跡 」は 水口高校のグラウンドとなっているため、「 旧乾櫓 」を利用した「 水口城資料館 」への案内をします。

入城案内( 水口城資料館

開館時間

10:00 – 17:00( 木曜、金曜、年末年始は休館 )

入館料

大人 100円、 小中学校 50円

水口城 へのアクセス

〒528-0053 滋賀県甲賀市水口町本丸4-80

公共交通機関で

近江鉄道 水口・蒲生野線 / 水口城南駅から 徒歩3分

車で

< 大阪方面から > 名神高速道路 / 栗東湖南ICから 約25分
< 北陸方面から > 名神高速道路 / 蒲生スマートICから 約22分
< 名古屋方面から > 新名神高速道路 / 甲賀土山ICから 約18分

* 北側に「 駐車場 30台 」あり。

地図

エ ル セ ー ヌ

関連リンク

日本100名城

関東・甲信越

27番 上田城 … 真田昌幸が築城した 長野県信州上田の城
29番 松本城 … 現存する五重六層の天守をもつ 国宝の城

東海・北陸

39番 岐阜城 / 稲葉山城 … 斎藤家から信長へ、 標高329mの山城
47番 伊賀上野城 ( 上野城、白鳳城 )… 三重県伊賀市の 平山城

近畿

50番 彦根城 … ひこにゃんでも知られる 現存天守を残す城
51番 安土城 … 築城から6年で消失した 幻の名城
53番 二条城 … 徳川家康が築城した 世界遺産 「 元離宮二条城 」
54番 大阪城 / 大坂城 … 秀吉の豪華絢爛の城から 二度の再建
57番 篠山城 … 大書院が復元された 丹波篠山の日本100名城

続日本100名城

165番 郡山城 … 羽柴秀長時代は 「 大和 ・ 和泉 ・ 紀伊 」 百万石の地
188番 原城( 原城跡 )… 「 島原・天草一揆 」 の最後の砦

その他の城

坂本城 … 明智光秀が築いた安土城に次ぐ天下第二の城

近隣のお出かけ情報

滋賀の お出かけ情報 … 地域別 まとめ
京都の お出かけ情報 … 地域別 まとめ
大阪の お出かけ情報 … 地域別 まとめ
奈良の お出かけ情報 … 地域別 まとめ