菅原天満宮 … 日本最古の天満宮は菅原道真公生誕の地

2021年9月8日

奈良市にある「 菅原天満宮 」は、日本最古の天満宮であり 菅原道真公生誕の地です。 学問の神様として有名で、受験生を始め 多くの学業成就を願う方が足を運んでいます。 また、2月初旬から開催される「 盆梅展 」や春分の日には「 奈良筆まつり 」など、さまざまな祭事が盛大に行われています。

「 中学講座 」

「 菅原天満宮 」の詳細

まずは、「 菅原天満宮の成り立ち 」と「 御祭神 」などについて紹介していきます。 とくに、菅原道真公については、詳しく見ていきましょう。

「 菅原天満宮 」の成り立ち

菅原天満宮は、菅原氏とその支族の土師( はじ )氏の発祥の地と言われています。 創建は未詳ながら、10世紀初めには 存在が確認できる資料がみつかっています。

御祭神について

御祭神は、「 天穂日命( あめのほひのみこと )」「 野見宿禰命( のみのすくねのみこと )」「 菅原道真公( すがわらのみちざねこう )」です。

「 天穂日命 」は菅家の始祖であることが『 日本書紀( にほんしょき )』で確認されており、「 天下泰平 」「 国土安泰 」「 五穀豊穣 」の守護神とされています。

その子孫である「 野見宿禰命 」は、殉死を取りやめて埴輪を埋めるようになるきっかけをつくるなど 評価を高めました。 また、「 当麻蹴速( たいまのけはや )」との力比べに勝ち、相撲の始祖となったことでも知られています。

関連記事 : 相撲神社 … 国技相撲発祥の地 ( 奈良県桜井市 )

菅原天満宮
「菅原天満宮」

天神様の正体 : 菅原道真の生涯 ( 歴史文化ライブラリー )

菅原道真公

菅原道真公について

「 遣唐使を廃止した人 」として覚えている人もいるかもしれません。 9世紀後半に活躍した菅原道真は、平安朝きっての秀才として政治の要職につきます。 しかし、藤原時平にはめられて大宰府に左遷されると、2年ほどでなくなってしまいます。

その後、疫病や日照り、醍醐天皇の死のほか「 清涼殿落雷事件 」が起こるなど、京で次々に起こった異変は道真の祟りとされます。 その祟りを鎮めようと各地に建てられたのが「 天満宮 」です。

天満宮には、多くの「 牛の像 」が奉納されています。 これは、道真公の人生の中で縁が多く、命を助けてもらったこともあるとされています。

菅原天満宮 丑
「 天満宮の牛の像 」

菅原道真公の産湯池

神社の東北約100mのところにある「 菅原天満宮遺跡天神堀 」は、菅原道真生誕の地と言われている産湯池があり、由緒もあわせて書かれています。

菅原天満宮 生誕の地
「 菅原天満宮遺跡 天神堀 」

「 Z会 」 の通信教育 資料請求

「 菅原天満宮 」にまつわること

「 菅原天満宮 」に関連する「 授与品 」や「 祭事 」「 主要天満宮 」についても見ていきましょう。

菅原天満宮 の「 授与品 」

代表的な授与品は「 御守 」です。 御守は、一般には数種類のことが多いのですが、「菅原天満宮」の御守は種類が豊富。 何種類あるのかわかりませんが、数十もの御守が並んでいるのを見たところ、全て違うようでした。

受験の機会は複数回ある人も多いでしょうから、受験のたびに違った「 色 」や「 柄 」を選ぶことでも楽しめますね。

菅原天満宮 の「 祭事 」

例年、さまざまな祭事が行われていますが、そのうち代表的なものを紹介します。

おんだ祭り

毎年 2月25日に行われる「 おんだ祭り 」は、菅公の威徳を偲び、また、「 五穀豊穣 」や「 家内安全 」を願うものです。

菅原天満宮盆梅展

2月上旬から 3月上旬まで「 盆梅展 」が行われています。 例年、観覧料は 大人 500円、開催時間は 9:00 – 16:00 です。

奈良筆まつり

「 奈良筆まつり 」は 春分の日に行われます。「 筆祭り 」は 10:00 – 15:00頃に、「 筆供養 」は 13:30から執り行われており、書道の発展に寄与する祭事です。

泣くな道真 大宰府の詩 ( 集英社文庫 )

主要な「 天満宮 」

菅家発祥の地であり生誕の地である「菅原天満宮」に対して、終焉の地として「 太宰府天満宮 」「 北野天満宮 」などが知られています。 また、全国各地にある「 天満宮 」は、菅原道真公が優れた学者であたことから「 学問の神様 」として知られ 多くの受験生などが訪れます。

太宰府天満宮

福岡県太宰府市にある「 太宰府天満宮 」は、菅原道真公を祭神とし、天満宮の総本社とされています。「 学問 ・ 至誠 ・ 厄除けの神様 」として全国から参拝者が集まります。 菅原道真公が左遷された先であり、晩年を過ごし、この地で最後の時を迎えました。

北野天満宮

京都市上京区にある「 北野天満宮 」は、「 太宰府天満宮 」と並び天神信仰の中心です。 菅原道真公の死後、都で相次いだ災害が道真の祟りと噂され、朝廷が道真を祀る社殿を造営しました。 以降、朝廷などから 手厚い崇敬を受けて発展します。 現在は「 学問の神様 」として、全国から受験生が訪れています。

大阪天満宮

大阪市北区の「 大阪天満宮 」は、「 天満の天神さん 」として知られ、7月に行われる「 天神祭 」は日本三大祭と言われています。 菅原道真公が 大宰府への旅の安全を願うために立ち寄ったとされる「 大将軍社 」に、村上天皇の勅命により天満宮が建立されたことに始まります。

エ ル セ ー ヌ

「 菅原天満宮 」の案内

基本情報

菅原天満宮HP

住 所 : 奈良市菅原東町518番地
電 話 : 0742 – 45 – 3576

アクセス

公共交通機関で

近鉄各線 / 大和西大寺駅 から 徒歩約16分 ( 約1300m )
近鉄橿原線 / 尼ヶ辻駅 から 徒歩約11分 ( 約900m )

車で

第二阪奈道路 / 宝来IC から 約3分 ( 約1.2km )
京奈和自動車道 / 木津IC から 約15分 ( 約8km )
西名阪自動車道 / 郡山IC から 約20分 ( 約10km )
西名阪自動車道 / 大和まほろばIC から 約20分 ( 約11km )

* 駐車場は「 本殿北側 」にあります。 駐車場入口、本殿北側付近は道路が狭くなっているので、注意が必要です。

地図

お名前 .com

関連リンク

各地の天満宮など 学問の神様

大阪天満宮 … 祭神は菅原道真公 「 天満の天神さん 」
太宰府天満宮 … 学問の神様 菅原道真公を祀る総本山

久延彦神社 … 学業の守護神、 知恵の大神

近隣のお出かけ情報

滋賀の お出かけ情報 … 地域別 まとめ
京都の お出かけ情報 … 地域別 まとめ
大阪の お出かけ情報 … 地域別 まとめ
奈良の お出かけ情報 … 地域別 まとめ